都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額

霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。 東京での公営墓地は1m2あたり620円〜で、民間霊園では5000円〜1万5000円程度となります。
また寺院墓地ではお布施や冥加金などの名目によって6000円〜2万4000円程度必要となってきます。
墓地に設置をしてある施設の維持や管理などに対して必要となる費用の管理費というのは基本的には毎年支払っていくこととなります。
これら管理費は参道整備、水道設備、駐車場、緑地、そして墓地清掃などなど広範囲に渡って使用されることとなります。

 

一般的に都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額となってしまう場合が多くあります。
管理費は滞納をしてしまいますと、使用権を取り消されてしまう要因にもなりますので忘れることなく支払いをするようにしてください。



都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額ブログ:20181124

あたしはシェイプアップするにあたって
「毎晩のビールは続ける」
と言う事だけは決めていました。

そして「ビールはやめない」と決めた後に
「ビールを飲んでもシェイプアップを続けるにはどうしたら良いか?」
ということを考えました。

やめたくない事を無理してやめて、
「苦行のようなシェイプアップ」をするよりは
やめたくない事は続けて、
「やりやすいシェイプアップ」をする方が
ストレスなく続けられます。

つまり「シェイプアップを行うポイント」を絞り込むんです。
生活の全てをシェイプアップに捧げる必要はないんです。
そんなことをしたら息が詰まってすぐに挫折してしまいます。

この「シェイプアップを行うポイント」が
あたしの場合、「12時食」でした。

朝方食・夕食は妻が家で作っているし、
もともとシェイプアップ食のような食事でした。

このためあたしにとっては「12時食」を見直すことが
一番シェイプアップをやりやすいポイントだったのです。

だから最初の頃、あたしのシェイプアップは
「12時食の見直し」
ただそれだけです。

こんな風に、自分の核となるシェイプアップ法を一つ決めて、
そこだけは毎日淡々と続けることにして、
それ以外に関しては
できるだけストレスにならないように変えませんでした。

つまりそれが、
あたしにとっては「ビールをやめない」というだったのです。

シェイプアップは 「生活の一部」 です。
基本的に、終わりはありません。
目標体重をクリアしたら
若干は食べる量を増やしたりしてもいいと思いますが、
基本的な生活はそのまま続けないとリバウンドしてしまいます。

だから「やりやすいシェイプアップ生活」は一生続けるべきです。
一生続けるためにも
「好きな事はガマンしない」ことが非常に大切なのです。

ホーム サイトマップ