和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています

霊園を選ぶのって意外と難しそうなイメージがありますが、覚えてしまえば理想的な霊園を見つけることが出来ます。
あまりにも多く霊園がありますので、まずはその中から様々なことを比較するところから始めていきましょう。 お墓の使用方法は、時代と共に大きく変化をしてきています。
明治時代の先祖代々墓、大正時代の○○家之墓、昭和の夫婦墓などなど時代毎にお墓を変えているケースがあります。
時代が移り変わる毎に冠婚葬祭の習慣も変わってきており、葬儀も以前では考えられなかった直葬も多く行われています。
特に現在におきましては家族葬などの身内だけで葬儀を実施するのも当たり前となってきているのです。

 

最近ではお墓の形としては和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています。
さらに供養の方法も埋葬、納骨、、散骨、手元供養などなど選択技が増えてきています。

賃貸事務所はこちら
http://new-of-search.jp/



和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきていますブログ:20190518

子どもが6ヶ月になりました。

離乳食が始まり、
フンガフンガ言いながらスプーンに食いつく子どもを見て、
「大きくなったんだなぁ」と、
しみじみと喜びをかみしめています。

そのうち自分で食べるようになったり、
歩き出したり、話し出したりしたら、
どんなにかわいいだろう…と、
想像するだけでも、あたくしの顔はほころびます。

しかし…
実際には自分で食べ出すとなかなか大変らしいですし、
話し出すと何でも「いや!」しか言わなかったり
「なんで?」「どうして?」と質問攻めにあったりと、
大変なことも少なくないと聞いています。

まだまだ先の話かもしれませんが、
聞かれた時に答えられない質問というのは
いっぱいあるんでしょうね。

例えば…
子どもが遊ぶのに夢中で
寝ようとしない状況があったとします。

その時、あたくしはこう言うでしょう。
「もう20時遅いから早く寝なさい」

すると、子どもに聞かれるわけです。
「どうして20時遅いと寝なきゃいけないの?」

子どもは答えます。
「寝るのが遅くなると、次の日の6時起きれなくなるからだよ」

その答えを聞いて、こんなふうに聞かれるかもしれません。
「何で6時起きなきゃいけないの?」

ここらあたりから怪しくなってくるのです。

6時起きなきゃいけない理由…
仕事や学校に行くわけでもなく、
やらなきゃいけないことがあるわけでもない子供にとって、
6時起きなければいけない理由とは?

休みの日はお昼までゴロゴロ寝ている自分を省みると、
ますますわからなくなるし、
答えられなくなってしまうでしょう…

もっとも、
全ての質問に明確に答えないといけないわけではないですし、

子どもと一緒に
「なんでだろうね?」「なんでだと思う?」と
その答えを探してみれば良いと思うんですけどね…


ホーム サイトマップ