和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています

霊園を選ぶのって意外と難しそうなイメージがありますが、覚えてしまえば理想的な霊園を見つけることが出来ます。
あまりにも多く霊園がありますので、まずはその中から様々なことを比較するところから始めていきましょう。 お墓の使用方法は、時代と共に大きく変化をしてきています。
明治時代の先祖代々墓、大正時代の○○家之墓、昭和の夫婦墓などなど時代毎にお墓を変えているケースがあります。
時代が移り変わる毎に冠婚葬祭の習慣も変わってきており、葬儀も以前では考えられなかった直葬も多く行われています。
特に現在におきましては家族葬などの身内だけで葬儀を実施するのも当たり前となってきているのです。

 

最近ではお墓の形としては和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています。
さらに供養の方法も埋葬、納骨、、散骨、手元供養などなど選択技が増えてきています。

賃貸事務所はこちら
http://new-of-search.jp/



和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきていますブログ:20190309

「お腹のポッコリが気になりはじめた」
「お気に入りのパンツが入らなくなった」などが、
シェイプアップを始めたきっかけだと思います。

そんなとき、ネットで調べたり、
テレビや雑誌で話題になった
「簡単なシェイプアップ」に飛びついていませんか?

実際
「簡単なシェイプアップ」で成功した人もいると思います。
そのシェイプアップ方法は、その人に合っていたのでしょう。

しかし、
全て人に合っているとは考えもの…

例えば
「体重100キロの人が、三ヶ月で30キロの減量」
というようなシェイプアップ特番がよくあります。

これは、
肥満体質の方が余分な脂肪を落とした結果です。

体重55キロの人が同じシェイプアップをして
同じような減量ができるでしょうか?

30キロとはいかなくても、
減量できる場合もあるでしょうが、
それは、余分な脂肪を落としたのではなく
「やつれた」だけではないのでしょうか。

逆に栄養不足で体質が本能的に脂肪を溜め込み、
リバウンドして体重が増えてしまう場合もあるでしょう。

シェイプアップには、
自分に合った方法が存在します。

シェイプアップは時間がかかります。
というよりも「一生続ける」ことかもしれません。

一時的にお腹周りを解消できても、
今まで行ってきたシェイプアップをやめてしまえば、
元に戻ってしまいます。

長期的にお腹をへこませるためのシェイプアップ方法で、
お腹がへこんだあとも
継続していける方法を見つけなければなりません。

そのためには、
楽しく、生活習慣に溶け込んだ方法がベストです。

最初は「シェイプアップするぞ」という意識をもって取り組んで、
いつのまにか「シェイプアップしている」ということを
忘れてしまうような方法です。


ホーム サイトマップ