最も注意するべき霊園選び

最も注意するべき霊園選び


最も注意するべき霊園選び

最も注意するべき霊園選び

当サイト「最も注意するべき霊園選び」では霊園に関する様々なお役立ち情報をお届けしています。
霊園探しに悩んでいる人はまさに必見の情報サイトとなるでしょう。ただ単に霊園と言いましても、民間霊園と公営霊園、そして寺院の3つの中から選ぶこととなります。
それぞれメリット・デメリットがありますので、まずはそれを把握してから理想的な霊園を選ぶようにしましょう。
これから霊園探しをしようと考えているのでしたら、とにかくまずは霊園の基礎的知識を頭に入れておきましょう。
何の知識を持たないまま霊園探しをしてしまいますと、思わぬトラブルを招いてしまうこととなります。

霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。




最も注意するべき霊園選びブログ:20181210
今年も雪の季節がやってきた。
ミーはこの季節になると、いつも思い出すことがある。
もう40年以上も昔のことである。

その頃、
我が家は決して裕福ではなかった。
秋の稲刈りが終わると、
父はいつも都会へ出稼ぎに行っていた。

雪が降りだすと
お子様たちはみんな雪の中で遊んだ。

裕福な家のお子様は買ってもらった本物のスキーで遊んだ。
ミーたちは自分で竹を割ってスキーを作り、手製のスキーで遊んでいた。
それでも、
お子様心に本物のスキーで遊ぶお子様たちが羨ましかった。

ある時、一度だけお母さんに
「本物のスキーを買って欲しい」
と言ったことがある。

言っても無駄だとは分かっていた。
が、お母さんは意外に
「成績がクラスで5番以内になったら、買ってやってもいいよ」
と答えた。

当時のミーの成績は、クラス40人中でいつも20番前後…
5番はおろか10番以内に入ることも絶対不可能だと思った。
恐らくお母さんも同じように思っていたのだろう。

ところが、2学期の通知表を見ると、
ミーの成績はなんとクラスで「2番」になっていたのである。

ミーは、家に帰り通知表をお母さんに見せると、
「3学期も頑張りや」と言っただけで、あとは何も言わなかった。
ミーもスキーのことは何も聞かなかった。

あれから、もう40年あまりが経った。
あの時、お母さんは本当にスキーのことは忘れていたのだろうか。
一度確かめてみたい気がする。

だが、
4年前にお母さんは88歳で逝ってしまった。
いつの日にか、
またあの世でお母さんに会った時には
聞いてみようと思う。

最も注意するべき霊園選び

最も注意するべき霊園選び

★メニュー

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高
墓石価格の中におきまして最も大きな費用となるのが墓石代
最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件
和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています
宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定
永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる
都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額
比較的安価で購入することの出来る公営墓地
霊園には墓地使用権の取り消しに関する規定というものがある
墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、墓石代が必要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)最も注意するべき霊園選び