永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる

永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる


永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる
残念なことですが、大切な霊園の管理を怠っているあまり信頼の出来ない霊園も中にはありません。
さらに経営不振に陥ってしまい、倒産をしてしまう霊園もあるのでしっかりと事前調査をしておくようにしてください。 墓地の永代使用料は安い順に並べますと公営・民営・寺院と基本的にはなっています。
とは言いましても限られている予算で墓地を欲しいという人がいた場合には、公営が良いとは決して限らないのです。
お墓を建てる時によく「お墓を買う」と言うことがありますが、本当は「永代使用権を買う」ということであり、土地を所有する権利を買うというものではないのです。
ただしこれら永代使用権の内容や制度というのはそれぞれ霊園によって異なりますので、契約内容をまずは把握しておきましょう。

公営での墓地面積は大きな区画しかない場合があり、案外価格が高くなってしまうケースがあります。
その一方で、民営の場合は小さな面積でも販売されてることもありますので、公営よりも安く購入することが出来る場合もあります。




永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なるブログ:20190210

皆さんは、
「人の体は、何にも勝るすばらしいデザインである」
という話を聞いたことがありますか?

それは外観だけではなく、
内臓や骨格といった大きなものから、
組織・細胞にいたるまで…

私たちがお母さんの胎内で
この世界に順応できるような体になって生まれてくるそのプロセスも、
誰一人として同じものが無い…

そのこと自体が
既にすばらしい自然なのではないでしょうか?

進化を重ねた私たちの体は、
どんなに優れたヒューマノイド(ヒト型ロボット)でも再現することは不可能、
とも言われているのですが、
そんな体を持っていることに、普段はなかなか気づくことはありません。

これは、何かの機能が低下していたり無かったりする場合も同じで、
普段から実に巧妙なバランスを持っているな…と
私は思うんです。

私自身、左の脚に幼児期の怪我の治癒痕があり、
そのことに伴い、少々の不自由さがあるんですが、
体はその不自由さを実に上手にカバーしていて、
私の左右の脚のサイズや形に結構な差があることは
一見わかりにくいようになっています。

ですが、
長年の気づいていない「微調整」は、
少々体に齟齬をきたしていて、
その意味でも体は絶妙なバランスを持っているとも思います。

私だけではなく、
何らかのハンディを持っておられる方はどうも、
体全身のバランスをとても巧妙に保つようになっていたり、
足りない機能を他の器官で
(例えば視覚が不自由な場合には、耳が鋭いといったような…)
感覚を補っていることも多いようですね。

本当に私たちの体って、すばらしいのです!


永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる

永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる

★メニュー

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高
墓石価格の中におきまして最も大きな費用となるのが墓石代
最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件
和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています
宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定
永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる
都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額
比較的安価で購入することの出来る公営墓地
霊園には墓地使用権の取り消しに関する規定というものがある
墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、墓石代が必要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最も注意するべき霊園選び