最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件

最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件


最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件
当然のことですが霊園というのはその土地を利用する権利を購入することになりますのである程度まとまって費用が必要です。
ローンで購入をすることも出来ますが、支払いを遅延してしまうと撤去されてしまうこともあるのでお気をつけ下さい。 墓地の運営や管理体制は必ずチェックしておくことが重要となります。
最近では常駐の管理人が居ることころが増えてきているので、閉園時間なども確認しておくようにしましょう。
霊園というのは駐車場や水道施設におきましては最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件となります。
さらには法要施設や送迎バス、休憩所、生花、線香を販売している売店などの有無も重要です。

霊園はただ単にお墓を建てれば良いというワケではなく、様々なサービスがあることも大切です。
個人的にお墓の管理やお掃除、またはお供え花を代行してくれるサービスがあるかどうかも調べておくと良いでしょう。




最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件ブログ:20181005

最近、盛んに言われている「食育」。

食育って、
これからの娘達にとってとてもよい事だとは思うのですが、
ふ~む…本来「食べる」ことって
すごくシンプルな事なんじゃないかしら?と
思ってしまいます。

それこそ、
戦争中などは「食べる事=生きる事」だったわけで、
食べられるものは、
何でもくちにして「生きていく」事に必死だった時代ですよね。

それが段々、
豊かな食材と溢れ返るごちそうに囲まれるのが当たり前になって、
くちを開けば何か必ず入ってくる…という連日。

今の日本で、
「生きるために食べる」という意識を持って
食事をする人って何人いるのでしょう?

生まれたばかりの赤ちゃんは、
本能的に「これを飲まなきゃ死ぬのだ!」と、
ママのおっぱいにむしゃぶりつきますよね。
そんなシンプルなところから「食」がスタートするわけです。

ところが、
そうやってみんな成長したはずなのに、
朝ご飯を食べずに学校に行ったり、
塾通いで忙しいせいで家庭で夕方食を食べることがない…という
娘達が多いのだそうです。

学校に行き、塾でクタクタに頭を使い、
家でをご飯食べない(食べることができない)、
そんな娘達が実に多いこの現実…
俺は悲しくて仕方ありません。

本来、食事をしてると
自然に「楽しい」顔になるはずだと思うんですよね。

素晴らしい食材を使った豪華な食事でなくても、
自然に笑顔が出てくるような雰囲気がおかずとしてあれば、
たとえおかずがフリカケだけだったとしても満足できるのではないでしょうか?
最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件

最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件

★メニュー

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高
墓石価格の中におきまして最も大きな費用となるのが墓石代
最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件
和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています
宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定
永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる
都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額
比較的安価で購入することの出来る公営墓地
霊園には墓地使用権の取り消しに関する規定というものがある
墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、墓石代が必要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最も注意するべき霊園選び