和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています

和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています


和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています
霊園を選ぶのって意外と難しそうなイメージがありますが、覚えてしまえば理想的な霊園を見つけることが出来ます。
あまりにも多く霊園がありますので、まずはその中から様々なことを比較するところから始めていきましょう。 お墓の使用方法は、時代と共に大きく変化をしてきています。
明治時代の先祖代々墓、大正時代の○○家之墓、昭和の夫婦墓などなど時代毎にお墓を変えているケースがあります。
時代が移り変わる毎に冠婚葬祭の習慣も変わってきており、葬儀も以前では考えられなかった直葬も多く行われています。
特に現在におきましては家族葬などの身内だけで葬儀を実施するのも当たり前となってきているのです。

最近ではお墓の形としては和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています。
さらに供養の方法も埋葬、納骨、、散骨、手元供養などなど選択技が増えてきています。




和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきていますブログ:20190408

お子さんは出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「運動」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

お子さんはとにかく身体を動かしまくるものだが、
お子さんが身体を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りもお子さんの脳のシナプスを増やすことになるので、
母親はお子さんから喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

お子さんは12時間活動しまくると、晩は熟睡をするもの。
お子さんは睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかるお子さんなど1人もいない。

お子さんがこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実にお子さんは、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
お子さんが笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
お子さんは笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
母親が必死になって育児をしているために、
その姿がお子さんにとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したような母親は、
お子さんの脳の成長に大損害を与えているのであって、
お子さんが笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。


和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています

和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています

★メニュー

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高
墓石価格の中におきまして最も大きな費用となるのが墓石代
最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件
和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています
宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定
永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる
都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額
比較的安価で購入することの出来る公営墓地
霊園には墓地使用権の取り消しに関する規定というものがある
墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、墓石代が必要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最も注意するべき霊園選び