和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています

和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています


和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています
霊園を選ぶのって意外と難しそうなイメージがありますが、覚えてしまえば理想的な霊園を見つけることが出来ます。
あまりにも多く霊園がありますので、まずはその中から様々なことを比較するところから始めていきましょう。 お墓の使用方法は、時代と共に大きく変化をしてきています。
明治時代の先祖代々墓、大正時代の○○家之墓、昭和の夫婦墓などなど時代毎にお墓を変えているケースがあります。
時代が移り変わる毎に冠婚葬祭の習慣も変わってきており、葬儀も以前では考えられなかった直葬も多く行われています。
特に現在におきましては家族葬などの身内だけで葬儀を実施するのも当たり前となってきているのです。

最近ではお墓の形としては和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています。
さらに供養の方法も埋葬、納骨、、散骨、手元供養などなど選択技が増えてきています。




和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきていますブログ:20181205

一人の人間によって
基本的言語体系がお子様の頭の中に入ってくる以上、
一人の人間だけがお子様を育てることは
逆にいえば非常に危険である。

もしその母が間違った考えを持っていれば、
その子はその間違った考えを教え込まれてしまい、
それを修正する機会を失ってしまうからだ。

自分の家に父親と母が揃っていれば、
自分の母といえども、自分の父親から
その意見を覆される姿を見ることができるので、
自然と母の間違った意見を否定していくことができ、
正しい物の見方ができるようになる。

大事なことは
正しい物の見方を身につけることであって、
誰かの意見を鵜呑みにすることではないのである。

祖父母がいると、
お子様は温和になると言われている。

自分の親だけではなく、その祖父母によって喋りかけられれば、
お子様は親の意見が絶対に正しいものではないということが解り、
違う考え方も存在するのだということに気付く。

しかも祖父母は親よりも人生経験が豊富だから、
生きていく上で様々なことを学んでいくことができる。

祖父母というクッションがないお子様は、
どうしても思考が硬直しやすいので、
核家族で育って来た人々というのは、
狭い考え方の持ち主が多く見受けられる。

政治家が「社会保障の充実」を叫べば、
それに追従してしまい、
それによってどのような弊害が出て来るかを
見極めることができない…

「貧富の格差があることはおかしい!」
「男女の性差があることは許せない!」と騒いでいる人たちも、
やはりお子様の頃、核家族で育ってきたのではないだろうか?

和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています

和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています

★メニュー

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高
墓石価格の中におきまして最も大きな費用となるのが墓石代
最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件
和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています
宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定
永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる
都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額
比較的安価で購入することの出来る公営墓地
霊園には墓地使用権の取り消しに関する規定というものがある
墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、墓石代が必要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最も注意するべき霊園選び