公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高


公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高
これから霊園探しをしようと思って適当に立地条件だけで選んでしまってはいけません。
どんなに通いやすい場所に霊園があるからと言って管理が悪いような霊園では意味が無いのです。 墓地は経営や管理者により運営体制に違いがありますので、その特徴に応じ、どのような墓地を選ぶか考えるようにしましょう。
財団法人や社団法人が管理をして、民間が宗教法人から運営の委託されている霊園では、宗教宗派を問わずに申し込むことが出来る場合が多くあります。
少し前までは墓地と聞きますと生前居住をしていた近所の寺院や村の共同墓地などが一般的とされていました。
しかし最近における急激な人口増加などといったことの影響によって郊外に公営墓地が増加してきているのです。

民間が運営をしている霊園は公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高となります。
ただし遺骨の有無などによって申し込みに制限がかけられてしまうようなことがありません。




公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高ブログ:20190518

白寿になるお母さんが田舎で達者に暮らしている。

デイサービスのお世話にはなっているが頭はしっかりしており、
今でも新聞は隅から隅まで読み、
オレよりよっぽど世間のニュースに詳しい。

デイサービスの職員の方々からも頼りにされていると、
お母さん自身が得意げに話してくれる。

頭の体操的なレクリエーションの時間に
「四語熟語」の穴埋めテストの様なものが出るらしい。

いつもトップと言うより、若い職員も分からないと
最後はお母さんに聞くようなことがしばしばであるそうだ。

その様な話を帰省でお母さんを見舞いに行くと
お母さんの口から以上に他人様から聞くので嬉しくもあるが、
古希を迎えるお子様のオレとしては
お母さんを未だ超えることが出来ないのに恥じ入るばかりである。

しかしお母さんが幾ら達者と言え99歳、あと半年で100歳の誕生を迎える。
世話をしてくれるオレのお姉ちゃんがいるとは言え、
見舞った後の別れはつらくてつらくて…

また、今回の帰省にはいろいろ複雑な思いもあった。

お母さんに本当のことを言った方がよいかどうか迷いがあったからである。
それは、オレの「早期発見」の癌の手術を言うべきかどうかであった。

手術そのものは大成功で、
「再発」さえなければ、そして誰にも言わない限り、
嫁以外誰も知らずに済む。

田舎に向かう「汽車」に乗っている間も
言うべきかどうか結論が出ないままお母さんと向き合ってしまった。

久しぶりの田舎のご馳走を食べながら18時遅くまで談笑し、
お母さんの笑顔を見ているとやっぱり言うまいと、
結局「癌」についてはお母さんにもお姉ちゃんにも言わないままである。

そして「元気で達者で暮らすのよ!」と
今回もまたお母さんに励まされたのを「車中」で思い出し
オレは涙を抑えながら帰宅した。

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高

★メニュー

公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高
墓石価格の中におきまして最も大きな費用となるのが墓石代
最低限備わっていて欲しい霊園選びの条件
和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています
宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定
永代使用権の内容や制度は霊園毎に異なる
都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額
比較的安価で購入することの出来る公営墓地
霊園には墓地使用権の取り消しに関する規定というものがある
墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、墓石代が必要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最も注意するべき霊園選び